So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

大麻事件で摘発、昨年は過去最多の2931人(読売新聞)

 昨年1年間に大麻に絡む事件で摘発された容疑者は前年比173人増の2931人に上り、1956年の統計開始以来、最も多かったことが、警察庁のまとめでわかった。

 約6割は少年や20歳代で、大麻の栽培も35人増えて242人となった。このほか、覚せい剤の密輸入事件の摘発件数も前年の2・1倍にあたる164件に急増した。

 同庁によると、大麻事件の摘発人数が過去最多になるのは2年連続。全体の約7割(2129人)は「所持」で、インターネット上で栽培方法が広がったことなどを背景に、「栽培」も増加し続けている。全体の約8割は初犯で、警察庁では「大麻は有害ではないという誤った認識を持ち、使用への罪悪感も希薄な若者らが、軽い気持ちで手を出すケースが多い」と指摘している。

 一方、覚せい剤の密輸入事件は、航空機の手荷物などを利用した「携帯密輸」が全体の約8割を占めた。二重底にしたスーツケースに入れて持ち込む手口のほか、のみ込んで体内に隠すケースなどもあった。

 密輸出先は中国や東南アジアに加え、従来はほとんどなかったアフリカや中東諸国などが増えており、警察庁では「覚せい剤は根強い需要があり、密輸組織の活動が活発化している」と警戒感を強めている。

立ち退き求められ自殺か=80代姉妹? 民家庭に焼死体−大阪(時事通信)
<岐阜刑務所>看守部長が同僚の金盗み懲戒(毎日新聞)
JFEホールディングスとJFEスチールの社長人事(レスポンス)
男が飛びげり、60万円奪う=会社役員、頭などにけが−東京(時事通信)
公共的施設の全面禁煙要請を全国自治体に通知 厚労省(産経新聞)

自動車用電線でカルテルか 公取委が業界数社20数カ所を立ち入り検査 (産経新聞)

 大手自動車メーカー向けの車内用電線をめぐりカルテルを結んでいたとして、公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で矢崎総業(東京都港区)や古河電気工業(千代田区)、住友電気工業(大阪市中央区)など数社の本社や支店など20数カ所を立ち入り検査した。

 関係者によると、3社を中心とした数社は遅くとも平成15年ごろから自動車の車内用の電線、ワイヤーハーネスの受注に際して、各自動車メーカーが乗用車のモデルチェンジの際に行うコンペのたびに話し合いで受注先を決めていた。

 基本的にモデルチェンジ前の車内用電線を受注した会社が引き続き受注するルールがあったが、もめた場合は各社で自動車会社の本社がある地区の電気会社各社の支店やホテルの会議室に集まって受注の調整をしていた。

 自動車用電線の市場規模は年間約400億円。矢崎総業、住友、古河の順の市場規模となっている。

【関連記事】
大安、仏滅…暦を使って受注調整 高圧電力ケーブル業者が談合、カルテル
産業ガスをめぐりカルテルか 大陽日酸など十数社に立ち入り検査
対国際カルテル 公取委、専門部署新設へ
東芝が欧州委を提訴 変圧器カルテルで
公取委が住電日立など5社に立ち入り 屋内用配線ケーブルでカルテル

<千葉大生殺害>逮捕もっと早ければ… 知人ら悔しさ訴え(毎日新聞)
1等陸佐発言「首相をやゆ」=政府答弁書(時事通信)
中曽根元首相「世界遺産実現したい」 ふじさんの日フォーラム(産経新聞)
<五輪スピード>窮地救うか二つのメダル…低迷続く冬季競技(毎日新聞)
<長岡京>よろいの部品、内裏跡から出土(毎日新聞)

“お宝”必至 限定「SUGOCA」相次ぎ登場(産経新聞)

 JR九州は同社のICカード乗車券「SUGOCA(スゴカ)」の限定記念カードを相次いで発売する。鉄道やバスのICカード乗車を専門にする収集家もおり、これまでに登場した限定記念カードは即日完売している。

  〔フォト〕限定発売される筑肥線エリア拡大記念カード

 同社は28日に「SUGOCA1周年記念カード」、スゴカの利用エリアが筑肥線(姪浜〜西唐津間)に拡大する3月13日には「筑肥線エリア拡大記念カード」を、それぞれ限定5000枚で午前7時から発売。「1周年記念」は博多駅と小倉駅、「筑肥線エリア拡大記念」は博多駅、九大学研都市駅、筑前前原駅、唐津駅で取り扱う。価格はいずれも1枚2000円(デポジット500円を含む)。

 同社は2009年3月1日からスゴカを導入。来月13日からはJR東日本の「SUICA(スイカ)、西鉄の「nimoca(ニモカ)」、福岡市交通局の「はやかけん」との相互利用がスタートする。こちらも限定記念カードが発売され、まもなく取り扱い駅などが発表される。

【関連記事】
九州駅弁ランキング 「かれい川」が3年連続で1位に
つながる青森〜鹿児島 3月に九州新幹線レール連結
2度目の新婚旅行は“乗り鉄”で 計88歳以上の夫婦限定「パス」
導入費用Suicaの10分の1 九大が次世代ICカードシステム
鉄をつかめ! JR九州がブルトレ復活に車両基地ツアー、車内音楽CDも

<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
<桜島>「ドカ灰」垂水市に集中 農作物深刻(毎日新聞)
<児童福祉法>親権制限導入見据え、改正作業着手へ(毎日新聞)
普天間、5月決着変わらず=平野長官が強調(時事通信)
事務会合メンバーが原爆資料館訪問=広島・APEC(時事通信)

<ホッキョクグマ>さよならママ 双子の送別会(毎日新聞)

 札幌市円山動物園で20日、帯広市のおびひろ動物園への移動が決まった双子のホッキョクグマの「イコロ」と「キロル」(ともに雄、1歳2カ月)を送る会があった。あいにく吹雪となったが、400人以上の人が集まり別れを惜しんだ。いつもと違う雰囲気を察したのか、母親のララと双子は度々立ち上がり、来園客を沸かせた。

 同園の酒井裕司園長が「(2頭は)母の元を離れていきますが、この別れを乗り越えてくれると思います」とあいさつ。双子にポリタンクなどのおもちゃが贈られた。

 友人と3人で来ていた札幌市中央区の小学4年生、名越みや美さん(9)は「立ったり遊んだりしてる姿が好き。帯広で仲良く元気でいてほしい」と話し、2頭の円山最後の姿をカメラに収めた。2頭は21日に出発する。【円谷美晶】

【関連ニュース
ホッキョクグマ:引っ越しの双子 札幌でお別れ会
雑記帳:ホッキョクグマお別れ会 札幌
注目DVD紹介:「クヌート」 世界を魅了したホッキョクグマ 名もなきクマの成長も
そらべあ基金:温暖化防ごう 太陽光発電システム、小林の「まがた保育園」に /宮崎
そらべあ発電所:須賀川・栄光保育園に寄贈 ホッキョクグマ兄弟が祝う /福島

<訃報>宮内婦貴子さん76歳=脚本家(毎日新聞)
<五輪フィギュア>高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
輸入ワクチン接種始まる=卵アレルギーの人ら−名古屋(時事通信)
山梨、茨城などで積雪=気象庁(時事通信)
雑記帳 声優の水樹奈々さんが「新居浜ふるさと観光大使」(毎日新聞)

-|2010年02月 |2010年03月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。